納得できなかったMr.Kingが少し納得できた話。

前のブログにも書いた通り、私は昨日までMr.Kingに対する感情に戸惑っていた。

昨日、あるブログに出逢い、少しMr.Kingに対する感情が変わったので、私のようなキングにもやもやした感情を抱いている人に一回読んでもらいたいブログ。私のように何か変わるかもしれない。

 

churatoma.hatenablog.com

 

 

前半は私もまったく同じ気持ちでした。

Mr.KINGというユニットに違和感を覚えていること、嫌いじゃないし、個人としてはみんな好きなところも、「東京Jr」のグループにいるしょうれんは受け入れられないところを感じるところも。

 

Jrを応援するということは、突然辞めてしまうことも、突然グループがなくなってしまうことも、頭では理解しているのです。

 

それでもMr.KINGというグループがどうしても受け入れられなかった。

 

Jrの世界は私たちが思っているより大変で、気を抜いたら後ろに下げられる世界だというのも知っている。だから、東京に移っても、「ずっと一緒にいてください、ずっと僕の面倒をみてください」と言っていたとしても、移ったら今度その場所に対応して、努力して…

 

三人とも努力したし、関西に残された三人もジャニーズWESTが抜けて、さらに三人(しょうれんと辞めてしまった彼)も抜けて大変で、焼け野原とか言われながらも、この夏が正念場だと必死で努力して…

 

私は人の意見に流されやすいから、二人に戻ってきてほしいとも思うし、「二人が抜けたことによって、やっとスポットライトが当たった子たちがいるのに、また戻ってきたらその子たちに光が当たらなくなっちゃう…」と聞くと、それもそうだな…と思ってしまう。

 

今まで前に書いたブログと合わせて長いこと書いてきたが、ここまで私は海人くんに関してはあまり考えてこなかったなぁと思う。なにせ、二人が東京に移ってしまうまで私は東京の子たちをほとんど知らなかった。

 

この方のブログによると、Mr.KINGは海人くんにとって初めてできたグループ。

それは大切だなぁ。はじめて自分のグループ名がついて、一緒に活動する仲間ができて。でもそのメンバーになった二人が関西からやってきたというだけで叩かれて…

 

私はなんで海人くんの気持ちをもっと考えなかったんだろう…

自分勝手に、戻ってきてほしい、そんなグループより関西のほうが輝ける、みんなファンもメンバーも待ってるから帰ってきて…と二人しか見ていませんでした。

 

なにきんが好きだから、Mr.KINGを認めたくありませんでした。

平野紫耀はKin Kanで、永瀬廉はなにわ皇子が一番輝いているからキングでは輝いていないんだ。

そんな意地が邪魔していて素直に認められませんでしたが

   Mr.KINGはすごくいいグループです。

みんなダンスできるし、歌も上手いし、三人のバランスもいい。

一つ圧倒的な欠点は、しっかりとしたつっこみがいないこと。

廉くんも今はしっかりしてきてツッコミもしてはいますが、まいじゃにでは「爆弾的」と言われていたほどのぽやぽや天然さん。

紫耀くんと海人くんはいわずもがな。こちらは核爆弾のような天然さんです。

今は基本的にトークをTVでする場面が少クラでしかなく、横に三人のトークを面白くつっこんでくれる最高なお兄様方桐山照史河合郁人がいるけど…

先日まで行われていたジャニーズアイランドではMCをやっていましたが、Twitterで回ってくるレポはことごとくぽんこつでした。

 

 

 

この方のブログを読んで、この方の締めを読んで私も改めてこう思いました。

 

あの時間は無くならない。グループが離れても、新たな夢へ踏み出しても。

大抵なことじゃなくならない絆がきっと6人の中には流れているから。

6人が歩む道をしっかり見守っていこう。

f:id:yume1999:20170125182454j:plain

f:id:yume1999:20170125182507j:plain

f:id:yume1999:20170125182516j:plain

 

 

嵐と生田斗真だって昔は同じグループにいて、今は違うグループだけどみんなで笑いあっているように。そんな感じになればいいな…

 

私が二人が東京に行ってから東京Jrを知れたように、このことをプラスと考えて、Mr.KINGのファンの子たちに昔の二人もかわいいよ、ついでに関西にもかわいい子がたくさんいるけどどう?と布教していきたいなぁ。

 

 

思い出はいつまでも心の中に色あせないで・・・